FC2ブログ

FORUM DESIGN PLUS

名古屋の建築デザイン事務所 「FORUM DESIGN WORKS」 オフィシャルブログ

11 -上階型枠-

こんにちは!

えぇと、「また来週」なんて言いながら2週間経ってしまいました。
僕が他所事してる間にシロップスタヂオさんの方では7件くらい更新されてますね。

あぁ~もうマッタク、ダメダメな担当者ですんません!


でもね、写真はちょこちょこ撮りに行っておりました。
まとめてアップしましょう。


地階の型枠が取れ、今度は1階と上階の枠にかかっています。
不思議なのは、今までと違って型枠と鉄筋配筋が同時進行していること。 構造が違うのか、それとも単に工程の都合なのか・・・。

一応「定点」こんな感じですが、こりゃぁもう何がなんだかわかりませんね。

20070803161523.jpg

下まで降りると、前回打った地階部分のコンクリート壁面が確認できます。
20070803161536.jpg

しっかし、定点写真のポイントも考えなきゃいけませんね。 シロップさんが向かいの団地の上階から撮っていますから、ウチではもっとマニアックなアングルで撮ってやろうと画策中。

時は進んで、
台風の近づく某日、「バナー」と「カンバン」付けに行きました。
って、ちょっとヘンな表現ですな。 「バナー」も「カンバン」も同じようなモノなんで・・・。
まぁ、なんと呼んでもいいんですが、
「FORUM DESIGNWORKS」のグラフィックがデカデカと入った、足場の防塵シートに引っ掛けるのが「バナー」で、
T-HAUSの完成予想CGを載せたボードが「カンバン」と、呼んでます。

左下の柵に取りつけたのが「カンバン」 ペラペラに見えますが、案外丈夫な素材でできてます。
20070803161550.jpg

で、こっちが「バナー」 ハウジングメーカーなんかがデカデカと掲げてるのをよく見ますよね? 本当はウチもあのくらいデカいの掛けたいんだけどなぁ・・・。 (実は今回T-HAUSに付けた写真がまだないので、コレは別物件「S-HAUS」の写真だったりします)
20070804101539.jpg


その「バナー」取りつけ、慣れない足場作業が結構大変!

さぁ、バナー付ける前に現在の状態をパチリ。 今から安全第一ヘルメットかぶって突入です。
20070803161631.jpg

中から見るとまた違った雰囲気。 建物の大きさ感がよくわかります。 外から見るより相当広い!
20070803161657.jpg

よし! 足場登るぜ!
ハシゴなんてものはないので、その辺の出っ張りを足掛かりによじ登る。 まるで猿だ。 いや、猿はこんな鈍重じゃないけど・・・。

1Fフロアを見下ろす。 実際は床ができちゃうから、このアングルで見下ろせるのは工事中だけだね。
20070803161715.jpg

こぉんなに高いとこまで登ってます! ってもこの写真じゃ判りづらいですね。 幕の張ってある東側の道路から考えると、マンションの5階くらい? の高さ。 なんだかオシリがムズムズする感じですよ!
20070803161755.jpg

こんな高さに身一つ! 高所恐怖症じゃなくてもちょっとビビリ入るなぁ。 風強くなってきたし。
20070803161812.jpg

○の場所で作業してたんだけど、1階から見る限りはそんなに高いところには見えないよね。
20070804104626.jpg

高さももちろん一番困るのは、かなりのイキオイで

風で揺れるんだ!
コイツはほんとカンベン! って感じです。

そうやって思うと、鳶職さんたちはすげぇよなぁ。 もっと高いところを平気な顔してツルツル歩いてるからね。 毎日足場登ってると慣れるのかもしれないけど。


このFORUMマーク、でっかいのは今T-HAUSに掛かってますが、結構あっちこっちに登場するかもしれないので、見かけたら覗きに来て下さいね!
  1. 2007/08/04(土) 10:54:22|
  2. T-HAUS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10 -チカイダコン-

T-HAUSからの帰り、超久々に地下鉄とバスに乗って会社に戻りました。
大学3年の時にクルマを購入して以来、公共交通機関は滅多な事じゃ利用しなくなったもんなぁ。


・・・と、このあとイキオイで地下鉄やバスについて書いてしまったけど、
長すぎるのでカット。 近いうちに書くね。


さぁ、久々の「T-HAUS」レポ行きまっす。

今回は「地階部分コンクリート打設」です。
(だから「地階打コン」)

まずは定点。 もう、大きくなりすぎて何がなんだかわかりませんな!
定点

職人さん総出! 圧送屋さん以外にも、関係各社から応援に来ていただきました。
20070720172337.jpg

気温が高く、湿気の多いこの季節はコンクリートの硬化が速く、鉄筋が多く複雑な構造のT-HAUSは、大勢でつっつきながら一気にやってしまわないと仕上がりがヤバいことになってしまうらしい。 「関係各社から」なのでFORUMは僕とボス(?)の2人が足手まとい手伝いに参加。 僕の大好きなコンクリート打ち、今度は見てるだけじゃなく、体感してきたぜ!

と言っても、圧送パイプを動かしたりバイブレータを操作できたわけじゃなくて、木ハンマーで枠を叩く作業をさせてもらったんだ。

前にも書いたけど、この「叩く」作業があるから「打設」と言うんじゃないのかな? とにかくバッコンバッコン叩きまくる!

でも、これって意味あるんかな?(爆)
いやいや、叩くだけでコンクリートがキレイに馴染むモンなのかな?
・・・っと、まぁ、プロの職人さんたちが総出で叩いてるんだから無駄な作業なわけがないか!

それとね、今回「叩き」にもう一つ大切な意味があることがわかった。
型枠は型枠屋さんがキッチリと組んでくれてるけど、コンクリートを流し込んでいくと重さでビミョ=にずれたりする。 ミリ単位の小さなものだけど、これが仕上がったとき段差になって出てしまう。 表装を作らない「打ち放し」ならばそれは大きなマイナスだよね。 そこで、その段差をハンマーで叩いて修正していくんだ。 確かに叩いてると馴染んで段差がなくなる。 面白いな!

そんな傍ら、こちらでは生コンの検査。 粘り気やら水分・空気量なんかをチェック!
ぼってりと塊が。 器具の形も独特だなぁ。
20070720172349.jpg

これまた不思議系器具。 空気量を診るらしい。 係りの人が数値を読み上げてくれる。
20070720172410.jpg


そうこうするうちに作業は中盤に。 僕達は型枠の下に入って壁を叩きまくる。 それにしても、この景色はどうだろう。 いや、中から見える景観じゃなくて「室内(?)」の景色。

荒い木材に囲まれ、ほの暗い明かりが点り、鋼鉄の柱が林立する。
もうどーにもこーにもファンタジックで、

おぉ! カッコイイ!!

なんて思うオレはヘンタイでしょうかねぇ? だってさほら、
20070720172428.jpg

どうよ? なんか凄みがあってイイ・・・くない?
こっちなんて「石室」っぽい神秘感があるぞ!
20070720172451.jpg


作業も先が見えてきたあたり。 僕は結局、叩く以外は役に立てそうにないので、いつもどおり見学と写真撮影に徹することに。 あんがい叩くのは疲れるもので、カメラを構えた手が・・・プルプル。
「手ブレ補整」なんつうものが付いてない時代のポンコツカメラなのでね! 新しいの欲しいっ・・・。

そういえば「定点」足場、下見下ろすとこんな感じ。 実は結構高い所に居るんです!
高所恐怖症の人はムリよね。 僕は大丈夫。 馬鹿と煙は~、ですから!
20070720172516.jpg


作業は(僕らが)思ったより早く終了!
天気も崩れず、まずはヨカッタ。

久々に汗だく+日焼け+筋肉痛。
鍛えられるなぁ。
ビリーに飽きたら「現場作業」をどうぞ!
なんてね。


オマケ写真。 これなぁ~んだ?
実はコンクリートミキサー車のドラムに水が滴った跡。 回転してるから、水滴もグルグル回りながら落ちてく。 フシギ模様を思わずパチリ!
20070720172536.jpg



ふぅ。 疲れた。 更新が遅れた分、多めに書いたよ!
折角なので、コメントや拍手よろしくね。
じゃぁまた来週!


  1. 2007/07/20(金) 18:48:31|
  2. T-HAUS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

09 -地階-

まぁ、
「近い」とか
「誓い」とか
でネタ作ってこうと思ったんですが、
そういう同音異義語ネタは、

前にもやったので却下です!

T-HAUSの一部(と言っても型枠ですが)がついに地上に顔を出したぜ! ちょっと判りにくいかも、だけど。
20070707183225.jpg


そうなんですよ。 今色々と頑張って作っている部分。

これ全部地下なんです。 実は。

僕らが立っている道路面が基準になるので、それより下は地下。 ということ。 不思議なもんですな。 地下室のクセに見晴らし最高なんだもん!

定点復活したぜぃ! もう大分建物のボリューム感がわかるようになってきましたね。
20070707183241.jpg

大空間を感じる吹き抜け部分。 スコーンですよスコーンとね!(意味不明)
20070707183258.jpg

吹き抜け、ちょっとツウっぽく「ヴォイド(Void)」なんつう言い方しますが、何語なんだろうなぁ? サイケトランスの有名アーティストでVOIDっていた気がするが・・・って、何の関係もなかったね・・・。
お! 例のセパレーター「ピノ」発見。 これがハート型とか星型☆だったらカワイイのにね!
20070707183314.jpg

あぁ、それにしても、足場がちゃんとあるので今日は安心して現場をうろつけます。 安全第一は忘れませんよ!!
型枠、上から覗いてみよう! ココにコンクリートを流し込むわけです。
20070707183345.jpg

さらに近づいて・・・おぉぉ・・・吸い込まれる!! ことはないけど・・・。
20070707183402.jpg


今回は、壁だけでなく一部梁の部分の枠も出来ていました。 壁枠の支えを立てるだけなのに、枠職人さん達がもの凄く慎重に場所を計測して選んでたのが印象的でしたよ。

オマケ。 またまたクールな鉄筋の写真を撮ろうとしたいたら、こんな所に・・・、

20070707183426.jpg

くじら発見!

これってやっぱ狙ってデザインしたのかなぁ? 
  1. 2007/07/07(土) 19:07:49|
  2. T-HAUS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

08 -壁-

「夢を達成するにはその壁を乗り越えなきゃいけないぞ!」

なんてこといいますが・・・、




普通、壁は越えないもんよね?

乗り越えられる壁は、壁じゃなくて「塀」だよな。
まぁ、塀くらいだったら越えてやってももいいよ。
「柵」とか「フェンス」ならもっと越えやすいな。

「あの人との間には見えない壁があるみたいで・・・」とか
「外国に行くと言葉の壁が・・・」なんて、

「壁」を「柵」に置き換えてみようよ。

ね、簡単に越えられるでしょ?

他にも「ベルリンの塀」とか「万里のフェンス」とか・・・。
・・・歴史遺産にはならなかったろうなぁ。



T-HAUS、「壁」の準備が着々と進んでます。
上からアングル。 やっぱりもうここからじゃ判りづらいなぁ。 もうすぐ見通せなくなっちゃうね。
20070704173643.jpg

かなり最初から比べて現場の状況がかわってきましたね。 仮設事務所までできたし。
・・・そうだ、そのおかげで足場の天辺まで登らないと定点写真が撮れないんだった! 今日も頑張って登るぜ! このブログの「キモ」だからね、あの写真は! 

って・・・、えぇぇ~!

足場ねぇじゃん!!

と、そこまで騒ぐことじゃないんだけど、
困ったな。 あそこまで「引き」で全体が写せるポイント他にないんだ。
しかたがないので、寄れるだけ寄ってワンショット。 相変わらず仮設事務所の屋根が邪魔ですが、状態はわかるかな?
20070704173713.jpg

これだけじゃ物足りないので、他のポイントに移動。
足場は、今回の作業用に移してしまったらしい。 ので、斜面をズリズリと移動。 コンディションはね「雨上がりの水を含んだ粘土質の斜面。」 土木工学の知識がなくたってわかるよね?
「滑りやすい」ぞ!
でもまぁここは少ない運動神経をフル稼働して、なんとか無事に斜面下まで到着。 
下からギリギリ引きで撮ったショットがこれ。 剥がしやすいように黄色の塗料で塗られてるのが型枠の内側です。 つまりまだこれは枠作業の途中ってことですな。
20070704173734.jpg

さぁ、もう一枚くらい下からのショットを、と思っていたら、なぜか足を掴む奴がいるじゃないか! 上体のバランスが崩れる。 カメラをかばいつつ、足を踏み出そうとするが、動かない!
ドロドロの斜面では平気だったのに・・・、 何もないところで、

「コケました!」

なんか痛てぇ! コレ普通に痛いぜ!
釘の刺さった(!)角材があって、それにつまづいたらしい。 釘踏まなくてセーフでした。 ホント油断は禁物です!

気を取り直してレポート再開。
鉄筋に太さが2種類あるのを発見! というか、実は恥ずかしながらこの写真で初めて「マニュアルフォーカス機能」を使ってみたんだ。 背景をボカしてあるでしょ? オートだとこれがあんまりキレイにできないんだ。
20070704173759.jpg

しかし、こうやって写真を撮りながらよくよく見てると、コンクリートや鉄筋の素材感は、なかなかに美しいね。 
こんな感じに、ちょっとアートっぽくワザと逆光で撮ってみたりね。
20070704173814.jpg

こういう写真をネタにして、加工ソフト(Photoshopとかね)でいじってヴィジュアルエフェクト作ったりするんだ。 建築ももちろんだけど、グラフィックの仕事も奥が深くって楽しいんですよ!
そう、上の写真をちょこっといじってやるとこんな感じ! この程度ならカンタンにできるんです。
20070704173829.jpg


ここ数日更新頻度が減ってましたが、アクセス件数は順調に増えてて、
有難い限りですよ! 見やすいように設定なんかもいじってきますのでこれからもよろしくお願いします。
  1. 2007/07/04(水) 18:28:32|
  2. T-HAUS
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

07 -ハイキン-

ヘイみんな、鍛えてるかい?

今ニッポンじゃネコも杓子もキャンプインだぜ!!
なんだなんだ、知らないのか?
熱心なビリーファンはTVの前でのトレーニングを「キャンプイン」って言うんだぜ!

ん? 俺?
ハッハァ!? 俺は筋トレ苦手なのさぁ!


そこのキッズ! 試しに「ハイキン」を変換してみてくれ。
どうだ?
「拝金」だと? お金大好きか!
「背筋」だと? それはビリーに鍛えてもらえ!

今回の話題は「配筋」だ!

ハッハァ! 一発変換できないぜ!


・・・。


こんにちは。 しん@FORUMです。
えぇ、毎回食い物ネタで書き出してもどうかと思って、変えてみましたが・・・。 ハァ・・・、今回限りにします・・・。

そうそう今回はT-HAUS、壁部分の配筋をやっています。 やっと建物が立体になってきましたよ。

さぁ、今日も定点写真行くぜぇ! ・・・っと、何だよこれ。 屋根が・・・。 参ったなぁ。
 20070627162937.jpg

邪魔者はコイツだ!! ・・・って、仮設休憩室です。 これからのシーズン過酷な炎天下で働く職人さんたちには休憩場所が要りますからねぇ。 現場打ち合わせの場所も必要だし。
20070627163003.jpg

仕方がないので、足場のてっぺんまで登って撮りました。 これでバッチリ。 また雰囲気が変わってますな。 (この足場もいつまで置いといてもらえることやら・・・)
20070627163019.jpg

前回の「腹起し」についで消えてるものがあるんだけど、わかるかな?
上からのアングル見てみると・・・
あぁ、もう目の前まで鉄筋の先が来ちゃって。 もうちょっとしたらこのアングルも使えなくなるね。 そう、何が消えたか・・・、ほら、奥の土留めのH鋼。 邪魔な部分を切り取ったんだ。 前までの写真と見比べてみて。
20070627163050.jpg

この時間は職人さん1人で作業してました。 組んであるタテヨコの鉄筋を細い針金でクイクイと一瞬で束ねていきます。 すげぇ早業! 真ん中でデカイ扇風機回してたけど、何でだろうなぁ・・・。 涼をとるわけでもないだろうし・・・。
20070627163115.jpg


この壁配筋作業が終わったら、今度は型枠を付けていきます。
工程表を見る限り、この2つの作業にはそこそこ時間がかかるみたい。
建物の精度に関わる部分だからね。 慎重にやらなきゃいけません。


ヘイ、みんな! このクルマ知ってるか?
そ~ぅさ。 ハイエースさ! おっと、もう変換しなくていいぜ。
鉄筋屋の職人さんスイマセン。 勝手に撮りました。
20070627163203.jpg

何でハイエースかって? 俺のオススメの1台だからさ。 クルマ選びに迷ったら、コレにしとけば間違いナシってもんだ!
人も荷物もタップリ乗るし、高速だって余裕なんだ。 仕事に遊びにデートに、これ1台で何でもできる!
え? 商用バンはダサいって? 何言ってるんだよ、JAPANのクールなサーファーはみんなコレに乗ってるんだぜ! 無駄のないパキっとしたスタイルも完璧じゃないか!
もう1ついいことを教えてあげよう。 キミの買ったハイエース、飽きて売るときにも高ぁく売れるぜ! 人気があるんだ。
さぁ、今すぐ\300万握り締めてディーラーへGO!!

お前は買わないのかって?
ハッハァ!

\300しか持ってないぜ!!


(これだけ宣伝したらなんかくれないかな? ト○タ・・・。)
  1. 2007/06/27(水) 17:40:22|
  2. T-HAUS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

フォーラム

Author:フォーラム
株式会社フォーラム。
中部地区を中心に活動する
建築デザイン会社です。

名古屋の東の端っこから、
新鮮デザインお届けします。

フォーラムオフィシャルサイトへ

当社オフィシャルサイトは
こちらからどうぞ!

 ブログランキング・にほんブログ村へ 
ランキング参加してみました。
にほんブログ村 デザインブログへにほんブログ村 インテリアブログへ

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

このブログをリンクに追加する