FC2ブログ

FORUM DESIGN PLUS

名古屋の建築デザイン事務所 「FORUM DESIGN WORKS」 オフィシャルブログ

No.52 SIGMA。

みなさんこんにちは!

天気が悪いので気合を入れてみましたが、なんだか頭痛がします。
昨晩楽しくお酒を飲んだからでしょうか? いや、頭痛は昨日からだし・・・。

さっき、mixiのニュースかなんかのリンクからコレ読んで吹いてました。
久々に見たけど、やっぱり笑えるね。 爆笑してたら少し体がラクになりました。
やっぱり笑いって大事だね。


ここで昨日の「河岸の別荘」の続きに行くと思わせて・・・、

スンマセン、勝手に趣味のネタです♪
先週の記事で書いた、Y!オクGETのレンズ「SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC」が届いた!
中古だから多少の使用感アリ、中間レンズに埃の混入もあるけど、機能的にはバッチリ!!
これで相場の半額だったんだから、かなり満足♪
専門家のインプレッションはこちらに。 定価は相当なお値段ですわね。

メタル材の鏡体に艶消しラバー塗装で高級感はバッチリ。
TAMRON A05 と並べると一回り小さいです。
ちょっと高級なフィルターがオマケで付いてたのも嬉しいね。

0296 CAMERA 417 010297 CAMERA 417 02

早速 EOS Kiss Digital X に装着。 意外とコンパクトな鏡体は小型一眼レフとグッドバランス。
いままでキズデジに付けてた TAMRON は、これまた前にY!オクGETの EOS55 に装着してみた。

0298 CAMERA 417 030299 CAMERA 417 04

2台並べてご満悦・・・な僕は相当痛いヤツですな。
今日も仕事の合間に試し撮りでもしようかと思ってましたが、雨・・・。

一応昨日、友達の服屋さん「mIsItIa(ミシチア)」とBAR「Paradise☆City」で試し撮り。
ちなみに「mIsItIa」ホームページには僕の写真も使われてたり・・・。
0300 MISITIA 417 050301 MISITIA 417 060302 P☆S 417 070303 P☆S 417 08

でも、カメラ側の設定ミスって露出がおかしい。 しかもハロゲン電球照明の下で全て黄色系に色カブり。 ダメダメです。 ホントはもっとクリアに撮れるはず! 修行が足りませぬ。
使い心地は、今まで使ってたTAMRON-A05とズームリングの操作方向が逆なのでかなり戸惑う。(というか実際はTAMRONが他と逆) ズーム・フォーカス共に操作感は重め。 大きさはコンパクトだけど、重量はTAMRON-A05と大して変わらないのでハンドリングはやっぱり重い。 キヤノン純正の安くて軽くてコンパクトで、そこそこ撮れるレンズが出ているけど、軽さだけを求めてチープなレンズにまたお金を使うのもヤなのでこれでOK!

さぁ、この2台で(KYOCERAも入れると3台)これからのシーズン撮りまくってやります。
被写体は「君だ!」 よろしくね!



  1. 2008/04/17(木) 12:12:32|
  2. Shinの写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<No.53 「河岸の別荘」AFTER。 | ホーム | No.51 「河岸の別荘」BEFORE。>>

コメント

うんだって全然撮れる綺麗さが違うんですもーーーん!!
次も楽しみにしてまーす♪
  1. URL |
  2. 2008/04/21(月) 14:08:20 |
  3. misitia #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://forumdw.blog74.fc2.com/tb.php/52-874b5f09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

フォーラム

Author:フォーラム
株式会社フォーラム。
中部地区を中心に活動する
建築デザイン会社です。

名古屋の東の端っこから、
新鮮デザインお届けします。

フォーラムオフィシャルサイトへ

当社オフィシャルサイトは
こちらからどうぞ!

 ブログランキング・にほんブログ村へ 
ランキング参加してみました。
にほんブログ村 デザインブログへにほんブログ村 インテリアブログへ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

このブログをリンクに追加する